切ない下痢の蘇生術。黒梅日和で対処を


切ない下痢ピーを粗背視する方法を紹介。

でも、できればそうなる前に、黒梅日和をオススメします!


下痢でピンチは黒梅日和を

【その1】

私は昔から、よくお腹が痛くなっていました。

バスや電車の中、授業中、、トイレに行けない状態での下痢の来訪は、本当に辛いですよね。

そんなよくお腹が痛くなっていた私が小さい頃編み出した、下痢を抑える方法は「おまじない」!(笑)「え??」って感じですが‥。

完全に自分の中だけのジンクスのようなものなのですが、お腹を時計回りにさすりながら、

「あなたは優しいお腹さん。わたしの優しいお腹さん。大丈夫だよ。安心してね。」

とお腹に向かって優しく声をかけます。

お腹を安心させるように、何度も繰り返します。

不思議とこれをすると、強い下痢の波が来ていても、少しおさまる気がします。

心なしか冷や汗をかいて焦っている気持ちも少し落ち着きます。

まぁ下痢を我慢している時は、出さないと治らないので、結局出すまでは波が来るんですけどね(笑)

癖で大人になった今もやってしまいます。

でも今になって考えてみると、腹痛が起こるのは精神的なものとの関わりが大きいと聞いたことがあるので、気持ちを安心させるといった意味では、よかったのかもしれませんね。


有効な方法ですね。

是非とも黒梅日和を試してほしいです(笑)


【その2】

私は10年近く下痢に悩まされているのですが、そんな私の下痢に対する蘇生術をお教えいたします。

まずおなかで「の」字を書くやり方です。

よく聞くやりかたですがやりかたを間違っている人が結構います。

わたしもその一人でした。

「の」の字はおなかの下のほうではなくおなか全体に書かなければなりません。

そしてこれは早く便を出して楽になりたいときに使うやり方でそれ以外は逆効果です。

そこで次にお伝えするのは逆「の」の字です。

先ほどのやり方の逆です。

活発になりすぎた腸を落ち着かせ痛みを抑える効果があります。

痛みだけ来て中身が伴わないときにはこの方法を試してみましょう。

最後はやっぱり乳酸菌を取るということです。

今はヨーグルトや麹なども簡単に摂取することができますよね?

やはり普段から腸に意識してやることで慢性的な下痢を解消することが出決まます。

私も乳酸菌を取ったり腸の体操や筋トレなどで少しずつ改善してきました。

やはり下痢に勝つには日々の努力も大切だとおもいます。

それでも苦しみから抜け出せなかったりおかしいと思ったらすぐに病院に行くことをお勧めします。


下痢で困る前に黒梅日和を!


黒梅日和の最安値価格調査結果!天然成分で急な下痢ストップ! トップページへ



FX業者