肛門のところに力を入れる! 黒梅日和でそれも避けれる!


我慢する時は肛門に力を入れて。

肛門括約筋も鍛えられます。

そうなる前に、黒梅日和を。


下痢で大ピンチ

【その1】

資格試験を受けるために朝早く電車に乗りましたが通勤客で満員でした。

普段乗っていない電車でしたので混み方が分からず、駅に着くたびにどんどん車両の中の方に押し込まれてしまいました。

そのときに突然お腹がごろごろし始めました。

試験を受けるときに体力を持たせるために食べ過ぎたのがよくなかったことや周りの人がお腹をおしてくるのも原因でした。

途中の駅で降りられない状態だったので何とか持たせるしかありません。

最初は肛門のところに力を入れて我慢していました。

少しこらえていると痛みがひいてくるのかわかるのでそのときはリラックスしてあまりお腹の方に意識がいかないように別のことを考えて気を紛らわしていました。

しばらくはその繰り返しでしたが、痛みが襲ってくる間隔が短くなったときは脂汗がでてきました。

下痢状であることはなんとなく感覚的にわかっていたので満員電車の中で漏らしてしまうと確実に匂いでわかるので避けなければなりません。

直立不動の姿勢で踏ん張った状態で息を止めてとにかく我慢我慢の連続でしたが、頭がぼっとしてきていました。

目的の駅ではありませんでしたがなんとか降りたときは正直ほっとし、便所に駆け込みました。

パンツの内側を見ると少し滲みていたのでこれぐらいですんだと安心したことを覚えています。



危なかったですね。こうなる前に黒梅日和をで対処を。



【その2】

牛乳を飲むとたまにお腹を下してしまう体質の私。

学校に通っていたときは、このピンチに何度も苦しめられました。

休み時間は10分と少なく、授業中にトイレなんて行く勇気すらない思春期の難しい時期。

そんなときに必死にやっていたのが、とにかく前かがみになってやり過ごすことでした。

どうしようもなくお腹が痛くなる瞬間はありますが、なんとか峠を越えると、次第に収まってくるのです。

その痛みの波を何度か耐えて、必死になって帰宅してトイレに駆け込む。

これが通常の痛みで、なんとか我慢できる程度のときの対処法です。

次に、痛みがひどすぎて、家に帰るまで我慢できない場合です。

このときはどうしようもありません。

我慢のし過ぎで冷や汗がでてくるまで我慢すると、今すぐにでもトイレに駆け込みたくなります。

そんなときは、今トイレに行けば、確実にすぐ出るというぎりぎりまで堪えて、休み時間が始まると同時に、人があまりいない遠くのトイレに駆け込みます。

そうすると、人はまだ来ませんし、すぐに出る状況まで来ているので、たとえ人が来ても短時間ですますことができます。

これが授業の最初や途中に来てしまったときは、おずおずと先生に体調が悪いことを告げて、保健室に行く前にトイレに行っていました。

学校生活だと、なかなか人目を避けてトイレに行くことが難しいし、クラスの注目を浴びて名乗り出るのは恥ずかしいことだと思いますが、我慢せずに、最初から無理なく先生に体調不良を訴える方法が体には一番良いのだと思います。




困ったときの黒梅日和を!


黒梅日和の最安値価格調査結果!天然成分で急な下痢ストップ! トップページへ

FX業者