漏れそうな時、一時的に症状を抑える方法


黒梅日和に頼らず、一時的に下痢を回避する方法。

本当にピンチの際は、一時しのぎも大事です。

下記の体験案、是非とも試してみてください。



一時的に下痢の症状を抑える 別の場所を痛くする


一時的に下痢の症状を抑える 別の場所を痛くする


大事な会議中や大好きな人とのデート、こういう時に限って腹痛というのはやってきますよね。

前日のあれが原因かなとか、お腹ひやしちゃったかなとか考えられるうちはまだ華で、

ピークがくると頭が真っ白になって脂汗、拷問のような痛みの波が打ち寄せますよね。

そんな時の私の一時的に痛みを和らげる方法を教えたいと思います。

まず第一にお腹を温めるということです。私の勝手な想像なのですが、

下痢というのはお腹が冷えていると起こりやすいのでとにかくお腹を温めます。

そうするとなぜか痛みが和らぎ、痛みの波の間隔も大きくなります。

第二に、お腹が痛くて漏れそうな時に、お腹の痛みとは別な箇所で痛みを作ることです。

注射を打つときに太ももをつねると注射の針が刺された時も痛くないということを聞いたことがあったので、

激痛なときにはとにかく違う痛みを身体に与えます。

私の場合漏れそうな時の腹痛が相当な痛みなので、

青タンになるくらい太ももをつねらなければ痛みは消えてくれないのですが、

その時はやはり腹痛は和らぎます。

ただこの2つの方法は一時的にしか改善ができないので、

やはり早くにトイレを見つけて痛みの原因をなくすことが一番だと思います。

ピンチの時はトイレへ駆け込み、ピンチを作りたくないなら黒梅日和で!




一時的に下痢の症状を抑えるには拳を握りしめる


一時的に下痢の症状を抑えるには拳を握りしめる

普段特に何もしていませんが腸の働きはものすごくいい方だと思います。

貯めこむことがほとんどないので、便秘の経験のありません。

しかし、下痢で大変な思いをしたことは何度もあります。

毎日決まった時間にお通じがあるのですが、それは食事の時間などが規則的に行われているからだと思います。

それが外食などで時間が変わったりすると変なタイミングでもよおしてきます。

お店ならトイレがあるのでいいのですが、電車の中や歩いている時にきてしまうと大変なことになります。

ゆっくりでは時間がきてしまう、かといって早く歩こうとすると漏れてしまいそうになる・・どちらにしても地獄です。

とにかく焦らず、なるべく気持ちを別の方へ持っていこうとします。

私の場合効果があるかないかはわかりませんが、両手をぎゅっと握りしめて(爪が肉に食い込むまで)神経を拳に集中させます。

お腹から拳に気持ちを持っていくことで、少しの時間は稼げます。

情けない事にギリギリで間に合わなかったという経験もあります。

そうなってしまったら出すしか方法はないと思います。

わかる範囲でトイレを使える場所を把握しておくことが一番いいのではないでしょうか。



冷静な判断で 一時的に下痢の症状を抑える


冷静な判断で 一時的に下痢の症状を抑える


私は胃腸がとても弱いです。

暑かったり、寒かったり、気温の変化にもとても弱く、また緊張してしまうとすぐにお腹が痛くなります。

風邪をひいた時は…何故か「胃腸風邪」が多く、何かと下痢には悩まされています。

外出時はトイレの心配をしながら出掛けることも多いです!

私が一番困ったのは仕事中の下痢です。

私は前に立って説明をしていたのですが、急遽腹痛が起こりました。

その日はたしか寒い日だったと思います…。

胃腸の弱い私なので、お腹が冷えたのでしょう。

風邪も流行っていた時期なので、風邪がうつっていたのかもしれません。

正直理由はどうでも良いのです(笑)。

その時は冷静を装いながら、頭の中はパニック状態でした。

トイレは近くにあるものの、一つしかありません…。

「どうやってこの場からトイレに行けばいいのか」「誰かトイレに入っていたらどうしよう」頭の中は仕事どころではありませんでした。

とりあえず、急いで動いては刺激してしまうので、無駄な動きは厳禁です。

何とか次の説明のプリントを用意し、先に目を通しておくようにと指示を出し、トイレに行くことができました。

しかし、トイレから戻ってきた私に、他の人も「私もトイレに行ってきます!」と。トイレは一つしかないのに…。



イメージすることで一時的に下痢の症状を抑制


イメージすることで一時的に下痢の症状を抑制

体が弱っていると何度も下痢になる可能性があります。

そういった下痢は急に起こるので危険です。

私は下痢に対応するために食生活に注意しています。

また水をあまり飲まないことも下痢の対策になると思います。

実際に急に下痢になった時は様々な対応策があります。

私は緊急事態の時には精神状態を落ち着けるようにしています。

下痢の原因は緊張にあるのでここが重要です。

つまり体を安心させることで下痢も治まるのです。

具体的には深呼吸をすることで症状が軽くなります。

私は下痢の時に何度も深呼吸をするようにしています。

その結果として症状が楽になった経験もあります。

やはり下痢の時は動かないで安静にすることが基本です。

また下痢に対処するためには気持ちを変えることがお勧めです。

私は下痢になったら別のことを考えるようにします。

特に下痢のイメージが強いと症状が悪化する可能性もあります。

だから別のイメージトレーニングを持って現状を忘れることが大事です。

個人的には下痢にならないことが最も大切だと思います。

今は不規則な生活をするだけで下痢になります。

こういった症状で悩んだら手軽な対処法を使うことが大事です。




黒梅日和を最安値で購入するならこちら!

黒梅日和を最安値で購入するならこちら!天然成分で下痢ストップ!